【東京でのお部屋探しの注意点について】

お部屋の探し方と注意点

今回は、東京でのお部屋の探し方と注意点についてをご紹介していきたいと思います。

こんにちは。あさがお不動産の中島です。

このブログはこれからお家探しをされる方を対象に、東京でお部屋探しをするベストなタイミングを知ってもらおうという記事です。

地方で何回も探したことがあるよ!という方も、ぜひ一度ご覧ください。東京のお部屋探しは驚くことばかりですから。

驚きポイント①

申し込みしてから、賃料発生日(契約開始)までの間隔が異常に短い!!

賃料発生日とは、大家さんに実際に家賃を払い始めなくてはいけない日です。この日からお部屋に入ることが可能になります。
地方の物件ですと、早い方は大体引っ越す3~4ヵ月前から物件探しを始める方が多いかと思われます。
しかし、【東京ではそれはダメなんです!!】
その理由は・・・東京首都圏の多くの物件は申し込みをしてからおよそ2週間以内に賃料発生日を設定しなければいけないからです!!
つまり、引っ越し予定の3ヶ月も前にお部屋探しをしてしまった場合、およそ2ヶ月分の家賃が無駄になってしまいます。
これは大変もったいないお話。特に学生さんにとって家賃2ヶ月分の出費は痛すぎます。早すぎるお部屋探しは厳禁です!!

早めに行くと損するのは分かった。じゃあ、いつ頃不動産に行けばいいの?

はい、不動産屋がお勧めするベストな引っ越しタイミングは・・・・【引っ越し予定日の三週間前】です!

【賃料発生までの2週間】

【お部屋探し・引っ越しの準備をするための1週間】

で、三週間。なぜお部屋探しと引っ越しで一週間余分にとるのか?その理由は、後述する「驚きポイントその2、その3」でご紹介します。

驚きポイント②

入居者の入れ替わりが激しく、お部屋は常に奪い合い!!

地方ですと、繁忙期でも1~2週間は物件が空いていたりしますが、東京の繁忙期の中で物件を探すのは時間との戦いです!
エリアによっては午前中に募集が出た物件が午後には無くなってしまうなんてことも!!

なので、自分が気に入った物件はすでに埋まっていて、中々いい物件が見つからない・・なんてことになりがち。

早すぎるのも良くないですが、期限ギリギリなせいで物件を妥協したり、変な物件を掴まされたりしないようにしっかりと余裕を持っていきましょう!

驚きポイント③

引っ越し屋が混みすぎ!!

3~4月は転勤、進学のシーズンです。東京から地方へ、地方から東京への大移動が始まりますので、他の時期と比べて格段に引っ越しは混むことになります。ちなみに3月の第3週、第4週目の土日なんかは閑散期相場の3~5倍に引越料金が跳ね上がるとも聞きます。

特に休日は混みに混むため、なかなか引っ越しを請け負ってもらえないこともしばしば。そのため、引っ越しにもある程度日程の余裕があるほうがスムーズにすすみます。休日は料金も高いため、できれば平日の引っ越しをおすすめしたいですね。

 

NEXT»【お部屋探し初心者の方必見!】12月(年末)のお部屋探しのメリット

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町4-3-3
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください