【補助第73号線・補助第82号線】下板橋・北池袋の道路計画について

北池袋の道路拡張はどこまで進んでいるのか?

池袋本町の道路拡張

こんにちは。あさがお不動産の中島です。今回は北池袋駅周辺・池袋本町地区の都市計画事業でもある補助第73号線及び補助第82号線 の進み状況について調べてみました。

補助第73号線及び補助第82号線については平成27年1月6日、国土交通省から都市計画事業の認可を取得し東京都による事業着手が始まりました。

川越街道・明治通り・中山道・山手通りに囲まれた池袋本町ですが、その池袋本町を十字に区切るのが今回の道路拡張です。これにより、それぞれの大通りの相互通行がしやすくなり、北池袋の便利さがぐんと上がります。

その他にも大規模火災の発生を抑制したり、緊急車両の通行がしやすくなるなど、減災の効果も期待できます。

この計画に伴い、大手各社が新規にマンション・アパートを建築し始めていますので、北池袋の雰囲気は全く違うものになる可能性が高いです。以前のブログにも書きましたが、地価が上がり、家賃相場が今より高くなる可能性があります。新築の物件だらけになるので、今までの「古くからの住宅地」ではなく、「ファミリー・若者の街」に変わっていくでしょう。

立退きは複数個所で進んでいますが、現在、最も立ち退きが進んでいるエリアの写真がこちらです。

 

ご覧のように、非常に広く空いています。道路幅は8メートルを予定しているため、かなりの規模であることが分かります。

北池袋ではかなり進んでいますので、北池袋駅付近でお探しの方は、計画道路にかかっている物件かどうかを必ず確認しましょう。

「定期借家」という契約になっている場合、道路拡張にかかっている可能性が高いです。ただし、「定期借家」となっている物件は、住める期間こそ短いですが、通常の物件よりも家賃が安くなっている場合が多いので、短期間でもよいという方には狙い目です。

ちなみに、北池袋の駅前も「豊島区」の駅前開発の区画に入っているので、物件を購入・長期で借りることを想定されている場合はご注意ください。

(今は都の道路拡張が最優先になっているので、こちらが実現するのは5~10年後くらいだとは思いますが)

その他にも、このように着々と道路が広がっているのが分かります。

下板橋の道路拡張

下板橋駅付近も、徐々にですが立ち退きの物件が増え、緑色のフェンスが目立つようになっています。

下板橋駅周辺で一番拡張が進んでいる箇所です。奥には建築中のアパートも見えます。

駅近くの商店街はかなりの数の物件が無くなってしまうため、少し寂しいですね。ちなみに、道路幅8メートルというのは、下板橋駅から中山道までの広い道路とほぼ同じ幅です。

↑この道幅が

この幅に。

商店街の右側部分は完全になくなります。

お店が無くなってしまうのは寂しく感じてしまいますが、新しく商店街が生まれ変わるということで、期待感も持てます。元々この辺りは「埼京線」「新板橋」の駅も利用でき、人気が高まっているエリアです。今回の開発で新築の物件が沢山建てられたり、駅前にお店ができることで、今後の益々の発展に期待が持てます。

氷川神社の近くにできた新しいアパートとピザ屋。これからはこのようなお店が増えていくでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?計画道路はこれからどんどん進んでいきますので、今のうちに北池袋に住んで、その変化を楽しんでみませんか?北池袋・下板橋駅周辺での物件探しはあさがお不動産にお任せください!

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町4-3-3
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください