≪東武鉄道≫東武東上線の歴史を紹介!

東武東上線の歴史を紹介!

こんにちわ。あさがお不動産の中島です。今回は当店が最もよく知る東武東上線の「歴史」についてスポットを当ててみました。

いくつかの路線の総称となり、多くの人の生活を支えている東武東上線。電車のマークの中に東武東上線と書かれた「ロゴ」が有名であり、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

よく利用していても東武東上線について詳しく知っている方は少ないと思います。

実は合併によって生まれたなど今はなき路線(廃止線)も含まれているなど…。身近なようで驚くような事実はたくさんあると思います。

なので今回のブログでは東武東上線の歴史、観光や利用数の多い人気駅などを紹介します!

合併して生まれた路線?

鉄道マニアや昔から付近に住んでいるという方はすでにご存知かと思いますが実は東武東上線は「東武鉄道」「東上鉄道」という二つの鉄道が合併したことのよって生まれた鉄道となります。

中々合併という言葉を聞かないためイメージが湧きづらいですが、元々東武鉄道と東上鉄道は根津喜一郎という「同じ人物が社長」であったこともありますので特別異常というわけではありません。

つまり鉄道界の敏腕経営者であった根津 嘉一郎(ねづ かいちろう)による施策の一部であったことになります。

Wikipediaより

しかし合併は第一次世界大戦後となっていますので景気が悪化する中でいかに経費を削減し鉄道を立て直すかを考えたうえでの決断と言えるでしょう。

廃止線となった路線

東武東上線には今はなき廃止線(使われていない線)がいくつかあります。

実際東武東上線で現在運行しているのは「東上本線」と「越生線」となり二つ線から構成されています。

*東武鉄道ではありますが東武本線である伊勢崎線、日光線、野田線は別となります。

では廃止線となってしまったのは何があるかと言いますと

啓志線

根古屋線

西坂線(計画線)

高島平線(計画線)

となります。西坂線と高島平線に関しましては分岐線、接続線として予定されていた線となりますが実際に開通してはいませんので今回は省かせていただきます。

 

啓志線

Rail & Bikes editorial postscript 様より

啓志線とは1959年に廃止された路線のことであり、通称 グラントハイツ・エクスプレスと言われていました。上板橋駅 – グラントハイツ駅(現在の練馬区光が丘)間を走行していた線路になります。

戦後のアメリカ軍の人員輸送や荷物の輸送のために使用されていた線として有目ですね。

アメリカ軍のための路線といったら誤解をまねくかもしれませんが当時の日本では仕方のないことだったのかもしれません。

また啓志線としっかり名前はついていますが、実際は非常に短い距離を走っていましたので現在の感覚とはすこし違ったものになりますね。

根古屋線

根古屋線とは啓志線と打って変わって鉱山で採掘された鉱物を搬出するために作られたとされています。

埼玉県比企郡小川町の小川町駅から根古屋荷扱所までを結んでいた東武鉄道貨物線でした。

廃止鉄道ノート 様より

鉱物搬出のために路線を開通させるなんて勿体ないと感じるかもしれません。

しかしトラックやダンプなど交通のインフラが整っていない中で、路線を作ることによって効率化を図るのは当然だったかもしれませんね。

ちなみに根古屋線は1967年に全線廃止となっています。

東武東上線の人気駅は?

東武東上線の中でも観光客などが多くの、人気の駅となっているのは「川越駅」ではないかと思います。

なぜ川越駅なのか?ということですが川越には「小江戸」や「蔵の街」と呼ばれる場所が存在し、非日常を味わえる空間として人気を博しています。

事実川越は江戸時代に城下町として栄えていたことがあり、現在も蔵作りと呼ばれる趣のある建築物が数多く存在しています。

観光サイトも設置されておりますのでご存知の方も多いのでないでしょうか。

若い方から年配の方にまで人気のスポットとなっておりますので人気駅と言っても過言ではないと感じております。

和光市駅・成増駅・ときわ台駅も!

観光客や有名なスポットがあるというわけではありませんが、和光市駅・成増駅・ときわ台駅も住みやすい街の最寄り駅として人気の駅となっています。

もしかしたら聞いたことのない方もいらっしゃるかもしれませんが、どちらも雰囲気がよく住みやすい場所であり東武東上線の住みやすさランキングでも上位に入る駅となっております。

人気の駅の川越とは違ったジャンルとなりますが、住みやすく利用者の多い和光市駅・成増駅・ときわ台駅も人気駅と言えるでしょう。

呪われた路線ではありません

人身事故などが多く呪われた路線などとほのめかされる東武東上線ですが、決して呪われた路線と思わないでください。

歴史があり数々の人たちを支えたきた路線となりますので、確かに人身事故は多いですが噂に振る舞わされないようにしましょう。

最新ニュース!

商業施設がオープン

東武東上線の最新ニュースの紹介ですがさきほど紹介したときわ台駅ですが、2019年11月29日駅北口に商業施設「EQUIA(エキア)ときわ台」をオープンするそうです!

成城石井やみずほ銀行、レストランなど様々な店舗が入っていますのでときわ台駅近辺の方の生活の基盤になることが予想できますね。

ファンフェスタの開催

東武東上線の限定ニュースというわけではありませんが、東武鉄道全体の催しとして12月1日にファンフェスタを開催します。

毎年行っており今年で15回目となるようなので区切りの良い年として何か素晴らしい景品などが貰えるかもしれませんね。

いかがだったでしょうか?意外と知らない東武鉄道の歴史、東上線の歴史を紹介しました。

東武東上線は川越市のような城下町や若者に人気な和光市駅、成増駅と魅力たっぷりの沿線となっております。ターミナル駅の池袋から派生している沿線の中では比較的安く、上京者や初めての一人暮らしにはピッタリな沿線です。これからお部屋探しをされる方、ぜひ東武東上線専門のあさがお不動産までご連絡ください!

関連記事はこちら»≪都営地下鉄≫都営三田線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»【住みやすさ】都営三田線沿いに住むメリットとは?

関連記事はこちら»有楽町線沿線に住むメリットについて!

関連記事はこちら»【学生・一人暮らしの人気エリア】東武東上線沿いの住みやすさ

 

NEXT»【東武東上線】和光市の歴史とおすすめスポットについて!

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください