有楽町線沿線に住むメリットについて!

有楽町線の住みやすさ

皆様こんにちは。あさがお不動産の中島です。

今回は、5分で有楽町線のことがマルっとわかるブログになっています。写真も沢山ありますので、有楽町線はどういう路線なのか、どんな雰囲気なのかを是非感じ取っていただければと思います。

有楽町線の沿線に住むメリット、それはズバリ、「アクセスの良さ」「家賃の安さ」です!簡単に言ってしましましたが、実際にどういう路線なのかを説明していきます。

 

有楽町線とは?

有楽町線は、埼玉県【和光市駅】から江東区【新木場駅】までの間を繋ぐ長距離路線です。東京を南北に縦断し、全長はなんと28.3キロメートルにもなります。

【有楽町線の駅は全部で24駅。乗り換え先も豊富です】

 

 

【新木場駅はりんかい線、京葉線へ乗り換えができる】

ただ長いだけではありません。防衛省のある【市ヶ谷駅】や国会議事堂のある【永田町駅】皇居に近い【桜田門駅】など、非常に重要な拠点が沿線にあり、「有楽町線は、国の重要人物が有事の際に避難できるように作った」などという都市伝説があるくらいです。あくまで噂なので真偽の程は分かりませんが、確かに重要拠点が近い駅は多いですね。

 

【防衛省のある市ヶ谷駅】

【永田町駅周辺。国会図書館も近い】

【桜田門駅。周辺は趣のある建物が多く、撮影スポットになっている】

 

つまり、都心方面へのアクセスが非常に充実している路線と言えます。

雰囲気

池袋より北側、【要町駅~和光市駅】間は穏やかな住宅街が多くなっています。中でも≪千川駅≫≪成増駅≫≪小竹向原≫は人気が高いエリアです。

一番人気の【成増駅】は板橋区と埼玉県の県境にある、最近注目されている駅です。昔ながらの商店街と新しくできたビルとが調和し、好きな人にはたまらない駅です。池袋まで急行で10分で着く交通アクセスの優秀さに加え、学生や新社会人でも住みやすい家賃帯なので、若い層を中心に支持されています。

池袋より南は地価が非常に高いエリアを通っているため、学生の方や新社会人の方はなかなか手が届きにくいです。市ヶ谷などの東京の主要なオフィス街を通り、新木場でりんかい線と接続します。こちらにオフィスがある方は直通で通勤ができ、便利です。

 

【千川駅周辺。大きなスーパーがあり、治安も良い】

【成増駅周辺。バス網も豊富で、賑やかな駅前】

【小竹向原駅周辺。買い物は不便なのが玉に瑕だが、副都心線の急行が止まり、家賃も安い】

アクセス

有楽町線は、「池袋」「飯田橋」「市ヶ谷」「有楽町」「新木場」など、三路線以上乗り換えできるターミナル駅と複数接続しており、非常にアクセスが良い路線です。

また、和光市、地下鉄成増から池袋までは副都心線が相互乗り入れしており、副都心線に乗り換えることで渋谷まで20分ほど(急行であれば)で行くことができ、どこへ行くにも非常に便利です。

 

【副都心線は急行があり、新宿へのアクセスが非常に便利】

地価

さすがに池袋より南の都心の方の地価は非常に高く、住むのには高い賃料がかかりますが、池袋の北側は家賃が非常に安くなってきます。

特に、千川、小竹向原、氷川台、平和台などは再開発等によって駅前にスーパーやコンビニ、飲食店などが住みや作られており、買い物が便利で住みやすいおススメのエリアです。

ただし、小竹向原は音大が近くにあるため楽器の練習をしている物件が多く、そういった音が気になる方はあまりおススメできません。

さらに家賃を抑えたい方は思い切って成増、和光市までいくと家賃がぐっと抑えられるようになるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

他の路線について知りたい方!
下記をクリック!!

 

≪東武東上線沿線の住みやすさ≫こちらをクリック

≪混雑する路線はどこ?≫こちらをクリック

≪山手線のおすすめ駅を紹介≫こちらをクリック

≪副都心線沿線の住みやすさ≫こちらをクリック

≪都営三田線沿線の住みやすさ≫こちらをクリック

 

おわりに

いかがでしたか?

南は都心部のオフィス街、北は静かな住宅街と二つの顔を持ち合わせているのが有楽町線です。このブログを読んで有楽町線沿線に興味をお持ちの方は是非あさがお不動産までお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町4-3-3
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください