≪東京さくらトラム≫都電荒川線の歴史を紹介!

都電荒川線の歴史を紹介!

 

こんにちわ、あさがお不動産の中島です。長らく東京に住んでいても一度しか乗ったことが無い電車が都電荒川線、通称ちんちん電車です。首都圏では珍しい路面電車となっておりとてもレトロな車両なのです。

荒川区南千住一丁目の三ノ輪橋停留所から、新宿区西早稲田一丁目の早稲田停留所という短い区間までを結んでいる都電荒川線。今は「さくらトラム」という愛称もありますね。

他の路線と違い、「併用軌道」という道路上に敷設された軌道を走行する路線であり、昔懐かしい「路面電車」を思い出させることもあるでしょう。

しかし併用軌道を走る電車は多くありません。なのになぜ都電荒川線は現在も元気よく運行しているのでしょうか。

ということで、今回は都電荒川線の歴史や最新ニュースなどを紹介していきます。

かつては40路線もあった都電

若い世代に都電は馴染みのない路線かもしれません。

中には「都電」という言葉自体聞きなれない方も多くいらっしゃるでしょう。

それもそのはずで、現行で運行している都電は荒川線のみとなっており、かつて存在した「40路線」はすべて廃線となってしまったからです。赤羽や荻窪、品川など主要地点各地に伸びていた路線がすべて廃線になってしまったのです。

では、なぜ都電が消えてしまったかという事ですが、簡潔にいうと採算性が悪くなったからです。1960年代から徐々に交通網は貼発展していき、道路の増設や地下鉄の登場などにより都電は段々と力を失っていきました。

そしてその影響もあり1967年に廃線になることが決定し、72年までにほとんどが廃線となりました。

ですので地下鉄などが登場しなければ現在も運行していたかもしれません。

なおほとんどの路線は1963年から1972年の間に廃線となっています。※1974年に荒川線は恒久的に残留することが決定します。

なぜ荒川線だけ残った?

上記の紹介でなぜ荒川線だけ残った?と思われた事でしょう。

40路線も廃線にした中で荒川線だけ残すというのはもちろん理由があります。

併用軌道もある荒川線ですが、実は走行するほとんどは専用軌道という自動車と干渉しない独自の軌道となっているからです。専用軌道は10.5㎞ですが、併用軌道は1.7㎞ほどであり、時間にして数分です。

つまりほとんどの道路を走らない為、残っていても影響がないというのが理由です。廃線にするコストがかかるので残しておくのは情だけではありません。

また、荒川線に変わる路線バスを運行できないという理由も上げることができます。

廃線になったほとんどに代替の路線バスが新設されていますが、荒川線は道路が無いため同じように利用するとなると遠回りをしなければならないからです。

以上が理由として挙げられます。

他にも沿線住民から存続の声が届いていたのも理由かもしれません。

ちなみに他の路線の軌道はほぼ道路に埋め尽くされてしまい、かすかに原型をとどめているのは少数のみとなっています。

令和時代の荒川線について

都電荒川線の過去があるため荒川線もいずれ・・・という考えが頭をよぎるかもしれません。

しかし現在までに荒川線を廃線にするという話は出ていません。

もちろんすべてを把握しているわけではありませんが、観光にも一役買ってもらうために「東京さくらトラム」という愛称までつけたほどなのでしばらくは安心でしょう。

また、2019年にはAirbnbと協力し「都電ライフツーリング」という観光プログラムを開始しており、これからも発展していくことが予想されます。

このご時世なかなか併用軌道を走る電車は見かけませんのでいつまでも残っていて欲しいですね。

人気駅紹介!

都電荒川線の人気駅は何があるのでしょう。駅ではなく停留所となりますが確認していきましょう。

早稲田停留所

早稲田大学が近くにある早稲田停留所は年中人気です。

通学に使う方も多く、終点でもありますので、観光に来られる方も多い停留所です。井深大記念ホールなども近くに存在します。

王子駅前停留所

王子駅前停留所も人気の停留所です。

そのまま王子駅で乗り換える方もいらっしゃいますし、ショッピングにも利用できます。

しかし駅前となりますので人は少々多くなるでしょう。

町屋駅前停留所

住居としての人気が高い町屋駅前も人気の停留所です。

荒川や隅田川までも近く、治安もいいので過ごしやすいでしょう。

日暮里までも近いのでアクセスも申し分ないです。

最新ニュース!
今年も都電ハロウィン号運行!


※東京交通局 より引用

2019年に続き、東京さくらトラム(都電荒川線)沿線地域活性化の一環として「都電ハロウィン号」を運行する予定です。

運行期間:2020年10月1日~10月31日まで

車両:9002号(青いレトロ車両)

装飾:地元の都立荒川商業高等学校の生徒が中心となり、ヘッドマークのデザインをはじめ、天井などにハロウィンをモチーフとした装飾を施します。

運行情報はコチラ↓

都電運行情報サービス より引用

いかがだったでしょうか。かつては40もの路線があったんですね!今では希少な荒川線ですが一度は早稲田から乗ってみてはいかがでしょうか??

当店では都電荒川線沿いの物件もご紹介しております。大塚駅や王子駅前、東池袋4丁目(サンシャイン前)でお探しされる方のお手伝いをすることが多いです。

ぜひお部屋探しを検討されている方は、当店までご連絡ください!

関連記事がはこちら»≪都営地下鉄≫都営大江戸線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»西武池袋線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»西武新宿線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»≪都営地下鉄≫都営三田線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»東日本旅客鉄道≫JR埼京線の歴史について

関連記事はこちら»東武鉄道】東武東上線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»≪JR武蔵野線≫武蔵野線の歴史を紹介!

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください