≪不動産の豆知識情報≫

≪都営地下鉄≫都営大江戸線の歴史を紹介!

6の字型の路線?
都営大江戸線の歴史を紹介!


Train-Directory ミギー様より 引用

こんにちわ、あさがお不動産の中島です。よくお部屋を探されるお客様に、新宿にも池袋にも行きやすく比較的安い沿線を…と聞かれ度々紹介するのが「都営大江戸線」です。

中でも「落合南長崎駅」以北はとても利便性がよく安い物件が多いエリアとなります。

練馬区の光が丘駅から新宿区都庁前駅までを結び、都庁前駅からは円を描くように路線が伸びて「環状線」となる都営大江戸線は今日もとても多くの人を運んでおります。

名前の由来

Train-Directory ミギー様より 引用

さてそんな都営大江戸線ですが、実は都営地下鉄では唯一の他社との直通運転がないという路線です。

他の路線と違い少し複雑な形になっているので初めて使用した方は悩んだかもしれません。

また建設に苦労した路線でもありますので、歴史の説明をしながら大江戸線について紹介していきます。

他の路線は地域名などから名前が決められていますが、都営大江戸線は「大江戸」という今ではあまり聞くことのない単語が入った名前がついています。

元々は「都営12号線」という名前でしたが環状部延伸開業時に「大江戸線」と改称しました。名前の由来は昔の東京を指す「江戸」から来ているようです。

また大江戸線という名前は多数の案の中から決定されましたが、他の案には「東京環状線」や「ゆめもぐら」という名前がありました。

しかし様々な理由があり却下され大江戸線に決定されています。理由については次で説明します。

完全な環状線ではない

東京都交通局HPより引用

環状とは「輪」のような形なることを指しますが、都営大江戸線は先ほども紹介したように光が丘駅から都庁前駅までつながっていますので完全な環状線とは言えません。

俗に「6の字型」と言われています。

そして東京環状線、ゆめもぐらという名前が決定しなかったのは上記が原因です。

当時の東京都知事だった石原慎太郎氏が完全な環状線ではないというとこに難色を示したのがきっかけで廃案となってしまいました。

また名前の決定以外にも様々な苦労をしており、建設に多大な時間とコストがかかってしまった、乗り換えの面倒くささから思ったより客が伸びなかったなどの背景があります。

建設の苦労

東京都交通局FBより引用

通常環状線の建設は多大なコストと時間がかかります。

しかも環状部以外にも伸びているので当時、現場で働いている方からすると途方もない工事に感じていたかもしれません。

しかも問題は時間とコストだけではなく、騒音・交通規制への苦情、作業時間の短さ、40を超える鉄道との交差など様々な問題が発生していました。

今でこそなくてはならない路線へと進化を遂げましたが当時の世間の目は冷たかったようです。

その結果完成は3年遅れの2000(平成12)年4月に新宿~国立競技場間の開業となってしまい、多大な赤字を出しつつ開業に至りました。

全線開業は同年12月12日でした。この日付は12号線にちなんだと言われていますね!

乗り換えが面倒くさい

別の路線から大江戸線に乗り換えをしたことのある方ですと経験していると思いますが、大江戸線への乗り換えは正直面倒に感じてしまう部分があります。

駅の中をたくさん歩かされたり、大江戸線自体が地下深くに作られているので下るのと登るのに時間がかかるなど様々ありますね。

実際私も利用したときは「どんだけ歩くんだよ!」と思ってしまった経歴があります。

慣れてしまえばなんてことはないですが、急いでいる方や乗り換えに慣れていない方にとってイメージはあまりよくないでしょう。

そのため利用者が予想より少なってしまうなど弊害が起き、開業してからしばらくは赤字が続いていました。

人気駅

都営大江戸線の人気駅はたくさんありますので絞ることが難しいですが、今回も同じように通勤・観光・居住地として人気な駅を中心に紹介させていただきます。

なおあくまで筆者目線なので参考程度にお願いいたします。

都庁前・新宿

都庁前と新宿駅は通勤している方によく利用される駅となります。

とくに都庁前に至っては環状部と練馬方面に向かう線の境目となりますのでものすごい人が乗り降りをしていますね。

新宿につながっているのも大きなポイントです。地上に出るまでが大変ですが乗り換えでよく利用している方も多いでしょう。

両国

言わずと知れた両国国技館がある両国駅。

こちらは通勤にももちろん利用されますが「観光メイン」となる駅と言えるでしょう。

外国人の方が多く、駅自体も観光者向けの仕様になっているので満足度が高いようです。

また近くはありませんが歩いて錦糸町にいけるのもグッドポイントですね。

築地市場

築地と言えば修学旅行で行った!、という方も多いでしょう。

こちらも観光メインとなる駅と言えます。しかしコロナウイルスなどの影響で最近は活気がなくなってきていますね。

練馬

練馬は居住地として人気な区です。そのため利用者も多く、スーパーやドラックストアなども駅周辺に集まっています。

また大学が江古田方面にあるのも人気な理由の1つでしょう。

最新ニュース!

都庁駅前検温コーナー設置

コロナウイルス流行中のため都庁前で赤外線サーモグラフィーによる検温コーナーが設置されました。

改札口の近くに設置されていますので体調の優れない方は利用して見てはいかがでしょうか。

コロナウイルス対策

コロナウイルス対策のため駅員さんがマスクをつけての業務を開始しています。

感染防止のための配慮となりますので見かけても不謹慎などと思わないようにしましょう。

いかがだったでしょうか?

JRに比べ混雑もしないですし新宿方面に通勤通学で通う方にはとても便利な線だと言えます。

遠い未来の話ですが、さらに延伸して埼玉県新座市、東京都清瀬市を経由し、最終着地は埼玉県所沢市となるようですね。

ぜひ都営大江戸線でのお部屋探しで迷われたらあさがお不動産までご相談ください!

関連記事はこちら»西武池袋線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»西武新宿線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»≪都営地下鉄≫都営三田線の歴史を紹介!

関連記事はこちら»東日本旅客鉄道≫JR埼京線の歴史について

関連記事はこちら»東武鉄道】東武東上線の歴史を紹介!

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

あさがお不動産の取り組みが新聞で紹介されました!

あさがお不動産が賃貸新聞にて
紹介されました。

こんにちは。あさがお不動産の中島です。

普段、あさがお不動産は一般的な物件紹介の他にも、福祉的な取り組みを何年にも渡って続けています。

今回、その取り組みが評価され、「全国賃貸新聞」さんに記事にしていただくことができました。

あさがお不動産の活動について

ご紹介いただいたのは、シングルマザーの方のお部屋探しです。

当店利用のお客様の約7割が女性のお客様なのですが、これは開業当初から母子家庭の転宅を専門に注力してきたことにあります。

弊社は元々生活保護の方・高齢の方・シングルマザーの方のお部屋探しの支援を行っておりましたが、今回評価して頂いたのは、DV被害を受けた方のお部屋探しでした。

引っ越し先を探すことが難しく、また、一般の不動産屋で受け入れてもらい辛いお客様にお部屋をご紹介し、引越中に元夫に見つからないように細心の注意を払い、引越後までしっかりサポートをしました。

前回記事【実際にDV被害にあった時の対処法について】はコチラ↓↓

実際にDV被害にあった時の対処法について

手続きの難しさもありますが、探している最中に情報の流出などに最新の注意を払う必要があるために、こうした取り組みを行っている不動産業社は少ないのが現状になっています。

あさがお不動産はそうした方にもお引越いただけるように、福祉のプロフェッショナルとして活動しております。

特に女性の方への支援の実績が非常に多いため、もしこちらのブログや記事をお読みになった方でお困りの方は、あさがお不動産までお問い合わせください。

関連記事»»それって虐待?しつけ?見かけたときの対処法について

関連記事»»【実際にDV被害にあった時の対処法について】

関連記事»»ひとり親家庭医療証の申請方法は?条件・持ち物まで徹底解説

関連記事»»児童育成手当の支給条件とは?申請方法を徹底解説!

関連記事»»児童扶養手当とは?いくらもらえる??支給条件から申請まで解説します。

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

 

不動産屋に行く前に持ちものチェック!【大学生・新社会人必見】

不動産屋に行く時に必要なもの!

皆さんこんにちは。あさがお不動産の中島です。今回は、「不動産屋に行くときに持っていくべきもの」についてご説明します。

特に、繁忙期は忘れてしまうとせっかく物件を見たのに無駄になってしまうこともあります。必ずチェックをしましょう。

何が必要?

必要なものは複数あり、それぞれに意味合いがあります。

1)身分証

身分証は、どこの不動産屋でも必ず提出を求められるものになります。申込者の方が本当に本人がどうかを確認するために使います。運転免許証や住基カードなど、顔が確認できるものが最も適当です。

2)保険証

保険証は、身分証の補助の役割がありますが、一番は「在職証明」に使います。社会保険の場合は「会社名」が記載されておりますので、大家さんに提出することで「会社に在籍している」という証明ができます。

3)内定通知書
(合格通知書)

内定通知書は、「収入の証明」に使います。これから働く新卒の方は、こちらを提出することで、「今は収入が無いが、将来的には収入がある人」ということをアピールできます。新卒の方がお部屋探しをする際には必ず必要なものです。

これから大学生になる方は、本当に「大学生である」ということを証明するため、「合格通知書」の提出を求められる場合がありますので、遠方からお越しの方は念のためお持ちいただいた方が安心です。

4)収入が証明できるもの

新卒の方は「内定通知書」が収入の保証になりますが、すでに働いていらっしゃる方は、「今現在の収入」を証明する必要があります。「直近の給与明細3ヶ月分」「源泉徴収票」「確定申告書」の何れかを提出する必要があります。こちらは、申込時は要らない場合もがありますが、持ってきておいた方が良い書類です。

5)住民票

こちらは、「現住所」を確認するために使います。契約時に必要なケースが多く、来店時に求められることは稀ですが、なるべく早めに準備しておいた方が良い書類です。

6)保証人(緊急連絡先)の情報

こちらも重要です。申込の際には、「緊急連絡先」又は「保証人」を付けることが絶対になっていますが、その際に細かく情報を書いていただくことになっています。

ここで、「親の生年月日が分からない」「年収や仕事先の住所を知らない」ということが多々あります。

この情報を埋めないと申込受付を拒否されてしまう場合もありますので、予め必要な情報を聞いておいてください。

必要な情報とは、緊急連絡先の場合は「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」です。保証人の場合は上記の情報に加え、「収入」「勤務先名」「勤務先住所」「従業員数」「設立日」「勤続年数」等です。

いつ必要?

お部屋探しは、物凄く大雑把に言うと、(1)来店→(2)内見→(3)申込→(4)契約 という流れになっているのですが、上記にあげた必要物は基本的に(3)の段階で使います。

そして、(1)から(3)は同じ日であることが非常に多いです。つまり、「来店するタイミングで必要」ということになります。

用意できないとどうなる?

申込時に「書類がない」「保証人・緊急連絡先の欄が埋められない」となった場合、最悪「申込できない」という可能性が出てきます。

せっかく時間と労力を使って気に入った物件を見つけたのに、申込できないというのは非常に勿体ないです。

用意している間に他の方に取られてしまうというのもよくある話です。そうなってしまうと、代替の物件を申し込むか、また物件を見つけるところからリスタートになってしまいます。

まとめ

不動産屋に行くときは手ぶらで行くことも多いですが、実は色々と必要なものがあることが分かっていただけたと思います。

せっかく不動産屋に行ったのですから、そのままスムーズに進めたいですよね。無駄なロスタイムを削減する意味でも、お部屋探しの際は是非これらの書類をご用意ください。

関連記事はこちら»お部屋探しの手順について解説します!

関連記事はこちら»繁忙期のお部屋探しで注意する事

関連記事はこちら»一人暮らしにかかる費用と生活費について

関連記事はこちら»初めて一人暮らしにむけて気を付ける事

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

空き家の活用方法について!所有者も地域にもメリット大!?

空き家は放置しない!
活用すれば所有者も地域にもメリット大!

こんにちわ!あさがお不動産の中島です。

みなさん、2015年5月に施行された空家等対策の推進に関する特別措置法、通称「空家法」はご存知でしょうか?

当店がある地域、豊島区池袋本町地区や上池袋地区でも空き家が多く、景観を悪化させたり、衛生面や防災面、防犯面などの問題を起こしたりする空き家が目立つようになりました。

空き家は持っているだけでも維持費がかかって大変ですが、かといって放置しているともっと大変なことになるのをご存知ですか?

空き家を放置することはデメリットしかありませんので、もしあなたが空き家をお持ちなら、すぐにでも活用する方法を考えましょう。

そこで、なぜ空き家を放置してはいけないのか、活用することのメリットなどをご紹介します。使わない家でも有効活用していきましょう!

空き家は放置すると大変!
特定空家のデメリット

日本中で問題になっている空き家の増加。総務省が空き家の数を調査していますが、平成25年にはなんと800万戸を超えました。

この数は全国の住戸の1割以上を占める数なのです。三重県や愛知県では2割を超え、空家問題が深刻になっています。

では、なぜ空き家をそのままにしてはいけないのか、放置することのデメリットについてお話しします。

家が傷み、周囲にも迷惑をかける

家は人が住まないと急激に老朽化が進んでいきます。カビが生えたり周囲に雑草が生い茂り、ゴミが不法投棄されることもあります。

野良猫が棲みついたり、害虫が増えたりした場合、周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。

また老朽化が進んだ家は台風や地震などの自然災害でも倒壊しやすくなっていますので、万が一誰かにけがを負わせてしまった場合、損害賠償を請求される可能性もあるのです。

特定空家に指定される

もう一つ心配なのが、「特定空家」に指定されてしまうことです。2015年5月に、「空家対策特別措置法」という法律が施行されました。

この法律によって、

・そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

・そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態

・適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

・その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

国土交通省「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針(PDF)
引用↓↓

上記、ガイドラインによる行政の調査で特定空家に指定されると、指導が入ります。

特定空家に指定されるデメリット

特定空家に指定されても、指導に従って適切に管理をすれば指定が解除されます。

しかしそのまま指導を無視して何も対策をしないとまず宅地用の固定資産税の特例が適用されなくなり、最大で6倍もの固定資産税がかかる可能性があります。

50万円以下の過料という罰則もありますので気をつけましょう。それでも無視した場合、最終的には行政代執行により強制的に解体されてしまいます。

そしてその解体費用は空き家の持ち主に請求されますので、空き家を放置してもいいことは全くありません。

空き家で収入が得られる?
空家の活用法

 

特定空家に指定されるのは困りますが、だからいとって誰も住んでいない家に維持費をかけるのもったいないです。

それならば、少しでも有効活用する方法を考えましょう。

①賃貸にする

しばらく住む予定がない場合には賃貸にする方法があります。1家族用でもいいですし、もし部屋数があるならシェアハウスとして貸し出してもいいでしょう。

ただし一度賃貸を始めると貸主の都合で「出て行ってください」とは言えないので、10~20年くらいの余裕がある場合のみにしておきましょう。

仮に取り壊す予定や、5年間のみ(限定)で貸したい場合は「定期借家」として期限付きで貸与することも可能です!

②民泊事業者に貸し出す

住むつもりはないけれど手放したくない、そんな時には民泊事業者に貸し出すという方法はいかがでしょう。

色々と申請もあって自分で民泊事業を行うのは大変なので、もし借り手がいるなら、代わりに運営してもらうことで有効利用できます。

③空き家バンクに登録する

活用してみたいけれど具体的にどうすればいいかわからないし、自分で何かするのは面倒だ、という人におすすめなのが「空き家バンク」です。

空き家バンクは地方自治体が運営しているサービスで空き家を借りたい人と貸したい人を繋いでくれるのです。

不動産業者が間に入っているわけではないので契約手続きなどは自分でしなくてはなりませんが仲介手数料がかからない分、費用を安くすることができるでしょう。

空き家所有者のメリットとは?

空き家を活用することのメリット、まずは所有者のメリットです。

第一に適切な管理をすることで特定空家の指定を免れます。誰も住んでいなくても家と土地を持っていれば固定資産税がかかりますが、特定空家になってしまうとそれが何倍にも膨れあがるのです。

住んでいない家に膨大なお金がかかるのはとてももったいないですよね….。

また、何らかの活用法を見出すことで、わずかであっても収入が入ってくるという点は見逃せません。いわゆる不労所得になりますから、将来の蓄えも作れそうです。

空き家をキレイにすることで
地域にも貢献

空き家をキレイにするということは周辺の地価を下げないようにするためにも役立つのです。

例えば、あなたが家を買おうと思った時、その隣に朽ちかけた空き家があったらどうでしょうか。

そのうち倒壊するのではないか、害虫などが発生しているのではないかと、不安になりませんか?

つまり管理されていない空き家があることによって周囲の家や土地の価値まで下げてしまう可能性があります。

ですから、空き家は適切に管理し、たとえ住んでいなかったとしてもいつでも人が住めるような状態を保っておくことで、周囲の地価に影響を与えないようにすることができます。

あの家のせいで…などと言われてもつまらないですから、空き家は時折様子を見に行き、掃除をするなどしてきちんと管理していきましょう。

以上、今回は社会問題でもある「空き家」の活用方法と空き家がもたらすデメリットについて解説しました。

あさがお不動産でも賃貸で貸すお手伝いと定期的な見回り・メンテナンスサービスも行っております。

空き家における、雑草の草刈、伸びすぎた木々の伐採、簡易的なゴミ清掃、ポストに溢れたチラシ、通水や通風ができない、台風や地震などの災害時の状況確認など、

綺麗な状態を保つよう維持・管理のお手伝いも行っておりますのでお気軽にお問合せください。

NEXT» ≪生活の豆知識≫一人暮らしにかかる費用と生活費について

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

 

 

 

 

マンション・戸建ての売買について!【準備編1】

マイホームを購入したい!

こんにちは。あさがお不動産の中島です!今回は不動産売買のお話しを紹介します。

誰しも人生一度は考えること、それが「マイホームの購入」です。

ただ、家の売買となると、高い買い物になります。スーパーで買うようにはいきません。信頼できる不動産業者がいるのであれば任せるのも手ですが、そうでもなければ自分で調べなくてはいけません。

今回は、マンション購入の際の「準備」について解説します!

とにかく調べる!

まずは、不動産の売買について調べてみましょう。Twitterや、ブログなどを参考にするのも一つの手です。

気を付けなければならないことやマンションのチェック方法などが書かれているからです。失敗談も役に立つはずです。

step1

マンションの価格が知りたいのなら、不動産会社のホームページなどに人気のマンションが掲載されています。

相場を確認することで探したいエリアを絞れますし、より具体的に購入のイメージが湧いてくると思います。

step2

エリアが絞れてきたら、そこに住んでいる人の意見を聞いてみましょう。

自分が全く知らないエリアで物件をマンションを購入する時には実際に住んでいる人や同じように購入を検討している人の意見を聞いてみることが一番です。

その際は、自分が知りたいことのポイントを押さえておきましょう。駅や地名で検索すると、地域・駅ごとの口コミサイトが見られます。

ちなみに当店の口コミ評価はコチラ↓↓

ここでマンション購入で注意しなければならないことや失敗談、良かった点などがわかります。

実際に住んでいる人の口コミもたくさんあります。いろいろな考えの人がいますから、自分がどのように考えているかを明確にすることが重要です。

日本最大級のマンション口コミサイト
マンションノート

全国各地のマンションの口コミが検索できる
ウェブサイト

 

治安・人口・年齢・・・住みやすい地域かどうかは、実際にそこで生活している人の意見が役に立ちます。

また、物件の近くに病院やスーパーなどがあるかどうかも生活する上で重要なことですので、確認しておきましょう。

人生の中でマンション購入は何度も経験することではありません。多くの人の感想を聞くことが重要です。

step3

家族の意思も確認しなければなりません。家族構成が違えば、マンションに求めるものも違うのです。

保育園、幼稚園、学校や病院、職場など、それぞれが求めるもののバランスを取る必要があります。

間取りのこともあります。家族が増えていきますので、将来を見据えて部屋数を考えておかなければなりません。

家族が楽しく暮らせるマンションとはどんなものか?・・・子どものためのお金も考えなくてはいけないポイントです。

家だけ残っていても何の意味もありません。無理なローンを組んでしまい、生活が破綻してしまうケースも珍しくありません。

賃貸と違い一度購入してしまうと気に入らないからといってすぐに引っ越すことができません。

新しいマンションに転居するためには、新たな資金が必要となります。それらをすべて考えてから結論を出しましょう。

step4

もうネットでは十分に調べたから足を使って調べたい!というあなたは、モデルルームを見学しましょう。

もちろん、モデルルームと購入を検討している物件が同じではない場合も少なくありませんが、ポイントを押さえておけば、かなり参考になるはずです。実際に見てみるとまた違った見方になる事もあります。

また、配布されているパンフレットも大きな検討材料です。ただし、パンフレットは宣伝のためのものですから、いいところは掲載していても悪いところは書かれていません。

「ここの物件のデメリットは何だろう?」と考えることで、変な物件を掴まされてしまうこともグッと減ってきます。ここまでくれば、マイホーム購入のスタートラインに立つことができます。第一歩目ですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?今回は、マンション購入の、最初の最初・・・スタートラインに立つまでの準備を解説しました。

まずは漠然と探すのをやめて、ある程度絞りを入れてから不動産屋に頼むことが大事です。飛び込んだ先が親切な不動産屋であればよいですが、そうでなかった場合は・・・・・

大変ですが、家族のため、自分のためにも時間をかけて前準備をしておきましょう。

 

NEXT ≪生活の豆知識≫一人暮らしにかかる費用と生活費について

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

 

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

≪生活の豆知識≫一人暮らしにかかる費用と生活費について

一人暮らしにかかる費用について

こんにちは。あさがお不動産の中島です。つい先日まで冷房をつけていましたが急に冷え込んできましたね。

今は暖房が欠かせないほど冷えてきました。今回は一人暮らしにおける豆知識やコツを現実的な数字を踏まえ解説しました。これから就職、転職する現役世代、特に20代の社会人の方は必見です。

生活費の使い道

サラリーマンやOLの一人暮らしにどのくらいの生活費が必要かご存知ですか?1ヶ月にどのくらいのお金を使うのか、東京で暮らす場合の生活費の相場についてお話しします。

生活費を節約するコツもお伝えしますので、一人暮らしを始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

総務省の家計調査によると、単身勤労者世帯のうち、34歳以下の支出はおよそ16万5千円、35~59歳が19万5千円となっています。

間を取ってみると、1ヶ月生活するにはおよそ17~18万円ほど必要ということになるりますね。どんなことにお金を使っているのか、一人暮らしの生活費の使い道や金額は、以下の通りです。

・家賃:72,000円
・食費:31,000円
・水道光熱費:8,000円
・交通・通信費:21000円
・交際費:10,000円
・日用品代等:4,000円
・被服費:10,000円
・保険・医療費:4,000円
・教養・娯楽:15,000円
・その他:14,000円
合計 189,000円
(総務省家計調査2017年)

このうち、一番大きな割合を占めるのが家賃です。家賃は手取り収入の3分の1が目安と言われています。

東京で働いている独身女性の年収は平均して300万円ちょっとだとされていますので、月の手取りはおよそ25万円前後という事になります。

となると、このくらいの家賃は妥当ではありますが、貯金をしたいと思うなら、もう少し低い方が理想です。

生活費の相場

生活費の相場は地域によってもかなり違います。駅からの距離やどの鉄道の沿線かによってもかなり違いが出てきますが、東京は家賃が何より高くワンルーム(1R.1K)の平均家賃は67,000円ほどです。

人気のエリアは一人暮らし用でも80,000円を超えてきます。家賃の割合が大きいと生活が苦しくなるので、少し遠くても家賃が安いところを探したいものです。

その他の東京の生活費の相場ですが、およそこのくらいの金額です。

・食費:30,000~50,000円
・スマホ、ネット代:10,000円
・交際費:30,000円
・水道光熱費:8,000円
・医療費:6,000円
・日用品:6,000円

女性はこれ以外にも、洋服を買う、美容院、化粧品代などがかかってくるでしょう。手取りが25万円だとしてかなりギリギリになってしまいます。

食費は外食や付き合いが多いと、どうしてもかさんでしまいます。貯金をする余裕を作りたいなら、少し節約をしなくてはなりません。

節約するコツ

「節約」というと我慢!無欲徹底!のように考えがちですよね…。節約することはお金を増やすということでもあります。お金を増やすのが難しい時代だからこそ節約することが重要になってきます。

節約をするには支出の中で割合の大きな家賃と食費を削ること。また、スマホやインターネット代は最近は格安SIMやかなり安いプロバイダが出てきていますから切り替えをすることで毎月の使用料をかなり抑えられるでしょう。

家賃を下げる

 

まず、一番大きな割合を占める家賃ですが、

・駅から少し遠い
・急行が止まらない

などの条件によっては新築物件であっても、少し家賃が下がる可能性があります。

築年数が経っていてもリフォームなどをして中が綺麗になっていれば住むには問題ないでしょう。新しい物件よりは古い方が安くなりますので、家賃を下げる工夫をしてみてください。

また、お部屋を探す際は「ニーズが高い場所は家賃相場も高くなる原則」を覚えておきましょう。

東武東上線では池袋から急行で一駅10分の「成増駅」は学生やサラリーマンに大人気で家賃も高めです。しかし1駅、2駅先の和光市駅や朝霞駅などはグッと家賃相場が安くなってきます。

部屋を探す段階で実際の収入をシュミレートし家賃を抑えて探すこともおすすめです。

食費を節約する

食費は自炊をするかどうかでもかなり差が出ます。3食とも自炊をしている人は1ヶ月で2万円もかかりませんが、全て外食にすると5万円以上かかる場合もあります。

全て自炊はきついかもしれないですが節約するためには自炊をおすすめします。

週末にまとめて作って冷凍しておけば、普段の食事も電子レンジで温めるだけなので楽になるでしょう。

野菜などは、大きなものを買うよりも、スーパーでカット野菜を買った方が無駄がなく安上がりです。

またどうしても外食は行きたいという方は「お酒を飲まない・極力減らす」ことをお勧めします。

お酒や煙草のような常習性の高いものはやめることはできなくても、やらない努力をすることで健康的でかつ節約ができますね。

お金を使う前に計画を立てる

衝動買いや、ムダな買い物をしないようにしましょう。行き当たりばったりでお金を使っているといつまでたっても節約できません。

ついついムダなものを買ってしまっていたのであれば、意識的にやめるところから始めてみましょう。

家賃とおおよその光熱費を除いた金額を計算しそのお金をどうやって使っていくか、計画を立てることをお勧めします。

なるべくその予算内で買い物をするようにします。仕事帰りに洋服が欲しくなっても、「今月はセーターを1枚買っているから我慢!」とブレーキをかけられます。

余計な買い物をしないこと

仕事帰りにコンビニに寄るとついつい余計なものを買ってしまいませんか?

お菓子や飲み物など1つの金額が低くても1ヶ月分にすると数千円単位になるでしょう。

コンビニは利便性が高いだけにスーパーやドラッグストアなどで買うより高くなりがちです。同じものを買うのであれば他のところで買うほうが節約になることがあります。

もしどうしてもコンビニを使うのであればクレジットカードや電子マネー・スマホ決済などを活用すれば安くなる場合もあります。

無駄遣いしないためには、必要な買い物以外はしないという自分のルールを作ることが大切です。

お金を貯める目標を決める

漠然と「節約しよう」と思っても、なかなか難しいものです。つい、衝動買いをしてしまいますから、節約したい理由が必要です。

・海外旅行に行く!
・自分にご褒美で高価なアクセサリーが欲しい!
・将来、家を買いたい!

など、自分なりにお金を貯める目標を決めてください。無駄遣いをしたくなったときその目標を思い出せばきっとブレーキがかけられるでしょう。

いかがでしたか?節約を意識しているけどついつい忘れたり、また明日から!になってしまいますよね。

あさがお不動産ではお部屋探しの段階から収入のバランスに応じた部屋探しの相談にも対応してます。

文中でも紹介した通り、入居審査の際は、「家賃は月額収入の3分の1」と相場は決まっております。

ご自身の収入バランスから希望の生活水準と部屋探しの優先順位をヒアリングした上で、おすすめのエリア、沿線を紹介します。

また近隣エリアの安いスーパーなどの生活至便や契約前の家賃交渉や管理費交渉も致しますのでご安心ください。

これからの時期、お部屋探し市場はとても活気づきますが、落ち着いてお部屋を探したい方、入学入社で上京が初めての方はあさがお不動産にお任せください!親身になってご対応いたします!

関連記事はこちら»空き家の活用方法について!所有者も地域にもメリット大!?

関連記事はこちら»≪ペット可賃貸物件を借りる際の注意点・その1»

関連記事はこちら»≪ペット可賃貸物件を借りる際の注意点・その2»

関連記事はこちら»【賃貸】マンションやアパートでのトラブル対処法!相談先は?

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

 

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

【賃貸】マンションやアパートでのトラブル対処法!相談先は?

マンション・アパートでトラブル

こんにちは。あさがお不動産の中島です。

今回は、賃貸住宅でトラブルがあった場合、どうすればいいのか?どこに相談すればいいのか?という点を解説します!

よくあるトラブル

マンション・アパートは沢山の人が住んでいます。よって、トラブルの内容としては様々なものがあります。

例)

・設備が壊れた!

・上階から水漏れがあった!

・隣の部屋・ベランダが汚すぎて虫が発生している!

・毎日のように深夜に騒音が発生している!

・不特定多数の人が良く出入りしている!

・ペットを無断で飼っている!

上の例は、実際にあったクレームです。特にの問題は非常にトラブルになりやすく、訴訟や事件に発展することもしばしばあります。

自分にとっては起きている時間でも、他の方にとっては寝ている時間かもしれないので、十分な注意が必要です。

また、設備の故障なども住んでいれば十分に起こりえることです。放置してしまったことにより、自分がトラブルの「加害者」になってしまったケースもあります。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

トラブル発生!!

音のトラブルだけに関わらず、実際トラブルが起きてしまった場合にどう対処したらいいのでしょうか。

例えば、あなたの上階に住んでいる方が真夜中に洗濯機を回していたとします。あなたはその音があると眠れず、非常に迷惑をしています。

こういった場合、連絡すべきはまず【管理先】です。契約書類の中に【重要事項説明書や賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書】というものがあります。(紛争防止条例は東京都限定。その他の地域の方は契約書をご覧ください。)

こちらをご確認いただくと、必ず【管理先】というものが書いてあります。商号、住所、電話番号が書いてあるので、まずはそちらに電話してみましょう。

注意点としては、この管理先が必ずしも法人ではないということです。個人の大家さんが管理している場合もあります。個人宅に電話をするのは抵抗があるかもしれませんが、物件を借りている以上、大家さんに助力を仰がなくてはいけません。

ちなみに、水漏れなどの緊急時の場合は、「24時間サポート」というサービスに加入していれば深夜でも対応してくれる場合があります。

サービスに加入していなかった場合は、自分ができる精一杯の処置をしてから、なるべく早く管理会社に連絡をしましょう。

管理先に電話するのは二つの意味があります。「現状の報告」そして、「第三者の介在」です。設備の故障であれば、これ以上壊れる前に早めに修理・交換する必要があります。

契約書にも、設備が壊れた場合は迅速に連絡するようにという記載がありますので、必ず連絡してください。連絡が遅くなり、設備の故障がさらに拡大した場合、修理費用が自己負担になる可能性もあります。

大家さんもいきなり訴訟などの大きなトラブルになるよりは、話し合いで解決してほしいと思っています。ですので、まずは現状を報告し、トラブルの規模を最小限にとどめられるようにしましょう。

さらに、トラブルの当事者というものは得てして興奮してしまい、冷静に判断を下すのが難しい状態になっていることもしばしば。ですので、大家さんか管理会社を通じて問題の鎮静化を図ることが大切です。さらに、後々大きなトラブルになった場合、一種の「証拠」にもなりますので、損はありません。

もし、管理先の方が対応してくれない場合は、何度も根気よく電話しましょう。それでも対応してもらえない場合や、言いづらいという方は「仲介会社」に連絡をしてみましょう。管理先との間に入ってもらえる場合があります。

あさがお不動産のサービス

あさがお不動産にて管理している物件はもちろん、仲介した物件に関してもアフターケアを行っております。もしトラブルが起きて、大家様が取り合ってくれない・大家様と何を話したらいいか分からないという方は、あさがお不動産にご連絡ください。

あさがお不動産では、「物件を紹介したら終わり」ではなく、入居から次のお引越までしっかりとサービスさせていただきます。このサービスは、初めて上京されるお客様や学生さんのご両親がたから「安心して送り出せる」という好評のお声を頂いております。

東上線以外の物件も承っておりますので、「〇〇駅から〇分で探してほしい」「初めての東京でどこに引っ越したらいいか分からない」という方でもお気軽にご来店いただけます。

「地域性」と「安心」をお求めのお客様は是非あさがお不動産にお越しください。

»【当店加盟】埼玉県住まい安心支援ネットワークについて

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

【当店加盟】埼玉県住まい安心支援ネットワークについて

埼玉県住まい安心支援ネットワーク
とは?

こんにちは。あさがお不動産の中島です。

今回は、当社が加盟している「埼玉県住まい安心支援ネットワーク」についてご紹介します。

弊社が管理している物件埼玉県の物件を扱うことが多いこと、福祉関係のお部屋探しにとても強いという特徴があり、そのご縁からこちらの団体に加入させて頂いております。(現在、東京では唯一の加盟店になっております。)

こちらの団体はどんな役割があるかといいますと、 「住宅セーフティネット法に基づく居住支援団体として、低額所得者、被災者、高齢者、障がい者、子どもを育成する家庭、外国人、その他住宅の確保に特に配慮を要する者(住宅確保要配慮者)の民間賃貸住宅への円滑入居を推進する。」となっています。

つまり、通常の不動産屋で断られてしまった方や、断られそうで怖いという方に、ここの不動産屋なら相談に乗ってくれますというリストです。

高齢者の方・生活保護の方・母子家庭の方のお部屋探しは一般的に難しいとされています。特にそういった案件に慣れていない不動産屋は勝手が分からないために、断られたり、門前払いされてしまうことがあります。

そんな方たちが安心して利用できるのが、「埼玉県住まい安心支援ネットワーク」に登録されている業者というわけです。

「埼玉県住まい安心支援ネットワーク」のHPはコチラ
http://www.sasn.jp/

利用することのメリットは?

上述の通り、登録してある業者は福祉関係の案件にとても強いところが多いため、闇雲に不動産屋を探すよりも遥かに楽に安心して利用できます。

特に、以前に門前払いされた、冷たい対応を取られた、という方には強くおすすめします。業者によっては、埼玉だけでなく東京の物件を扱っていることもありますので、まずは電話をして確認してみましょう。

弊社は東京で唯一の登録業者ですが、埼玉の物件はもちろん、23区内、市内の物件も取り扱っておりますので、ご相談ください。

利用の対象者は?

高齢者世帯
(単身の高齢者又は高齢者がいる世帯)

障害者世帯
(単身の障害者又は障害者がいる世帯)

外国人世帯
(単身の外国人又は外国人がいる世帯)

子育て世帯
(小さい子どもがいる世帯又は一人親世帯)

被災者世帯
(災害により従来の生活が困難になった世帯)

失業者世帯
(失業により従来の生活が困難になった世帯)

DV
(配偶者等からの暴力)被害者世帯

生活保護世帯
(生活保護を受給している世帯)

になります。上記に挙げた世帯の方以外にも、「お部屋探しが難しいな・・・」と感じた方は相談してみましょう。

まとめ

お部屋探しに不安がある方、強い不快感を覚えたことがある方、他の不動産屋で「難しい」と言われてしまった方・・・そんな方たちの味方になってくれるのが「埼玉県住まい安心支援ネットワーク」です。

「電話がするのが怖い」という方は、今はホームページより文字で問い合わせができますので、そちらもご利用ください。

ホームページを見ることで、その不動産業者がどのような取り組みをしているかを知ることができるので、電話する前の1つの目安にもなります。

埼玉県・東京都にお住いの方は、是非「埼玉県住まい安心支援ネットワーク」をチェックしてみてください。

弊社は東武東上線沿い・埼京線沿いの埼玉県の物件を豊富に取り扱っておりますので、是非ご相談ください。皆様のお電話を心よりお待ちしております。

 

NEXT»お部屋探しの手順について

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

お部屋探しの手順について解説します!

お部屋探しの手順について

こんにちは。あさがお不動産の中島です。不動産業界は繁忙期に入り、物件の出入りも慌ただしくなってきました。今回はお部屋の探し方・手順をご紹介します!

お部屋探しをしたことがある方は既にご存知でしょうが、今一度お部屋探しの際の流れを確認されてはいかがでしょうか?

お部屋探しが初めてのお客様は特にじっくりと読んでいただき、お部屋探しをスムーズに行えるようにしましょう。

お部屋探しの手順

では早速、お部屋探しの手順について説明したいと思います。

お部屋探しには7つのステップがあります。

step1 ヒアリング

直接ご来店いただくか、電話やメール等でやりとりしてお客様の希望条件に合った物件をお探しさせていただきます。

また、初めてのお部屋探しのお客様には、都内各エリアの特徴や、職場・学校に通いやすい路線もお教えしますのでご不安なところがございましたらお気軽にお問い合わせください。

お客様から情報をいただき、不動産屋の方から提案させて頂く段階です。この段階で条件があまり固まらないとその後のお部屋探しが暗礁に乗り上げてしまいますので、しっかりと不動産屋とコミュニケーションを取ることが大事です。

step2 内見

営業スタッフが出した図面をご覧いただき、気になる物件があれば物件の外見や内部の設備を実際に見ていただきます。待ち合わせ場所は弊社事務所、現地、物件の最寄り駅など、お客様のご希望の場所に設定いたします。

部屋の内部のみならず、日当たりや外の駐輪場・駐車場・ゴミ捨て場などもしっかりとご確認ください。

一日に3~5件も見ると最初の物件を忘れがちになりますので、お写真を撮っていただくとより正確に比較しやすくなります。

実際にお部屋を見ていただく段階では図面上では分からない「日当たり」「音」「立地」「周辺環境」をしっかりとご確認ください。

再内見ができない物件もございますので、お写真は隅々まで撮影しておくことをおすすめいたします。

step3 申込

物件を見ていただき、入居したい!ということになりましたら、「紙ベース」にてお申込みします。

貸主に口頭で申し込みを伝えても申込したことにはならないので注意です。

入居申込用紙に【お名前】【生年月日】【現住所】【電話番号】【勤務先情報】【収入】などの情報を書いていただき、【身分証】等を添えて貸主にメール・ファックスにて大家様に送付いたします。

全ての書類・情報が揃って初めて申込受付になります。身分証以外にも、収入証明書が必要になる場合もございますので、予めご用意があると申し込みが大変スムーズです。

1番最初に申し込みをすることによって、初めて物件を仮押さえすることができます。(この状態を「1番手」と呼びます)

他の方が先に申し込んでいた場合は「2番手」という扱いになり、その方がキャンセルするか審査に落ちるまでは1番手になることができません。

今回のお部屋探しの中で最も重要な段階です。

せっかく良い物件を見つけても、タイミング悪く他の申し込みが入ってしまったり、申込で不足書類があって受け付けてもらえなかった等の原因で「2番手」という扱いになってしまうと、ほとんどその物件に住むことができなくなってしまいます。

つまり、その場合は最初から探しなおしです。不動産がよく「早い者勝ち」だと言われるのは、こうしたことが背景にあります。

もちろん、よく考えて入居していただくのが一番なのですが、繁忙期(1月~3月)のお部屋探しにおいては、内見してから申込のスパンが空いてしまうと無くなってしまうリスクがあります。

「運」も重要ですが、「スピード」も大事な要素です。

step4 審査

申し込みが無事に一番手で受理されると、審査が開始されます。こちらの審査に落ちてしまうと、その物件には住むことができません。

審査には大きく分けて2つあります。

1)オーナーの審査

物件のオーナーが書類や面談、電話確認などを通して入居者様の審査をします。

基本は書類等で収入面などを主に評価します。

2)保証会社の審査

オーナーが指定した保証会社の審査があります。こちらもオーナー審査と同様に書類や電話確認を通して審査をします。公共料金の支払い状況などを調査される場合もあります。保証会社の審査は申込人だけではなく「緊急連絡先」「保証人」の方にもお電話がありますので、予めその旨をお伝えください。

電話に出られなかった場合は折り返しをする・保証人様に予め通達しておくなどの準備が必要になります。審査は通常落ちることは少ないですが、「借主の収入が足りていない場合」「犯罪歴や金銭関係での事故歴がある」場合は落ちてしまうことがありますので心配がある場合は予め担当者にご相談ください。

step5 入金

誤解が多いのですが、不動産の契約は、「入金が先」であることがほとんどです。初期費用の準備は早めにしておく必要があります。一般的には契約日の3日前までに振り込み期限を設定しているところが多いです。早ければ内見して申込をした日から1週間ほどで用意しなければいけない場合があります。

この「契約日」と「賃料発生日」は、審査が通った段階で聞かれますので、予め第3希望くらいまで決めておくことをおすすめします。「契約日」は文字通り契約書に署名・捺印をする日です。詳しくは下記をご覧ください。「賃料発生日」とは、「家賃が発生し始める日」のことです。この日より保険が適用され日割りで家賃が発生します。契約金の精算書もこちらの「賃料発生日」を元に作成されます。

審査が終了し、契約に至るまでの準備期間の段階で契約金が入金できなければ当然契約はできませんので、初期費用がどのくらいかかるかを事前にある程度把握し足りるかどうか確認しておく必要があります。家賃の約半年分という大金が比較的短期間で必要になりますので、支払いの遅れなどが無いように注意が必要です。

step6 契約

無事に入金まで終わりましたら、次は契約に移ります。契約は1時間ほどで終わります。契約書を不動産屋が読み上げ、不明な点がございましたらご質問ください。

特に、禁止事項の欄は今後の生活に直結する部分ですので、よくお読みください。契約時必要書類が予め告知されますので、お忘れ物の無いようご確認ください。

いよいよ大詰めの段階です。契約書にサインすればひとまずは安心です。

契約は物件を管理している「管理会社」・物件を案内した「客付会社」で行うパターンがあります。また、遠方のお客様には契約書を郵送して契約を電話等で行う「郵送契約」というものもございますので、もしご希望される場合は物件の申込時にお申し出ください。

また契約時必要書類が揃っていないと、後述の「鍵渡し」の段階でトラブルになりやすいので、ご確認ください。

step7 鍵渡し

契約が無事終了し必要書類と契約書が管理会社に届いたところで、管理会社より鍵が送られてきます。ここで気を付けなければいけないのは、鍵を渡されるのは「原則賃料発生日の1日前から」ということです。

あまり前に渡してしまい、保険が効いていない状態のお部屋に入られるのは大家様が嫌がるので賃料発生日の直前に渡されるのが通例です。

ただ、これはあくまで原則ですので、例外もあります。ただし、賃料発生日以前にお部屋に入ってしまい、万が一事故が起こってしまった場合は、全額自己負担になりますのでご注意ください。

いよいよ鍵渡しの段階です。ここで注意点は、きちんと書類が揃っていないと鍵が送られない場合があること鍵渡しのタイミングです。

賃料発生日より前にカーテンの採寸などを希望される場合は予め管理会社に伝えておかないと採寸ができないこともあります。

鍵渡しの方法は、管理会社に取りに行くパターンと、客付け会社に取りに行くパターンがあります。この際、鍵が確実にお客様に渡ったかどうかを証明するため、「鍵預かり証」というものに署名・捺印が必要になりますので、印鑑を忘れずに持っていきましょう。

来店~鍵の引き渡しまでのお部屋探しの手順について解説しましたがいかがでしたか?引越しが3回目、4回目の方は慣れてくると思いますが、初めての方は慌てずに!わからない事があったらスタッフに尋ねてください!

引越しをしてからやらなければならない事については後日解説したいと思います。

あさがお不動産では部屋探しが不安な方、初めての方はあさがお不動産にお任せください!親身になってご対応いたします!

NEXT»初めて一人暮らしにむけて気を付ける事

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!

初めて一人暮らしにむけて気を付ける事

初めて一人暮らしにむけて気を付ける事

皆さんこんにちは。あさがお不動産の中島です。この時期は就職や進学で初めて一人暮らしをはじめる人が多くなりますよね。

今回のブログでは初めて一人暮らしをする際のお部屋探しのポイントを解説していきます。

初めて一人暮らしをする時は、気をつけなければならないことがいくつかあります。

まずはお住まいを決める際の重要ポイントや引越しにかかる費用など、初めての一人暮らしをスタートさせるためのポイントを紹介します。

お部屋は学校や職場を中心に決める!

 

初めて一人暮らしをする人の多くは進学や就職になります。お部屋探しはなるべく勤め先(学校)を中心に、通勤・通学にかかる負担を減らすことに重点を置いたほうが良いでしょう。

週に5~6日の通勤・通学を考えると、勤め先(学校)から1駅~5駅圏内の近場に住んだほうが毎日の通勤ストレスを軽減することが出来きますね。

さらに電車やバスの乗り換えがない沿線を選ぶなど、勤め先(学校)と家賃の兼ね合いで物件を決めるのもポイントです。

現実的な収入から家賃をと決める

お部屋探しで重要視したいのが賃料です。家賃は月収の30%が適正だと言われているます。自分の月の収入から賃料を決めて部屋探しをすることをお勧めします。

月々の出費が家賃で圧迫されてしまうと、生活費が不足したり、貯金をする余裕がなくなったしますので、家賃設定は慎重に決めましょう。

家賃設定において月収の30%というのはあくまでも指標です。若い人や収入が少ない方は多少低めに家賃設定するのも1つの手段といえます。

お部屋が決まったら周辺施設を確認!

部屋探しをする際は、賃料やお部屋だけでなく物件周辺施設をしっかり把握することが大切です。

例えばコンビニやスーパーなど、日々の生活の利便性を大きく左右します。また交番や郵便局、銀行の位置も近いかどうかも生活に影響してきますね。

自分自身がそのお部屋で生活してみて、心地よく一人暮らしが出来ているイメージを持てるか持てないか、周辺にどんな施設が有るのかを見極めておきましょう。

一度駅から物件まで歩いてみる

 

お部屋をを決める際に一度最寄り駅から物件まで歩く事をお勧めします。駅から家までの徒歩分数を把握できるだけでなく、道中どんなお店があるのか、どんな環境なのか、その様子かを知ることが出来るでしょう。

また図面やグーグルマップなどの情報だけでなく、昼夜問わず道路にはトラックの往来が多い、線路からのどのくらい離れているかなど、実際に歩いて匂いや音に触れておくことが重要です。

いかがでしたか?お部屋探しをする時は「物件」だけに集中しがちです。物件を決める前に生活が始まった後のことをよりイメージすることが大切になってきます。

あさがお不動産では駅からの道中、近隣施設、交番や治安状況を丁寧に説明致します。部屋探しが不安な方、初めての方はあさがお不動産にお任せください!親身になってご対応いたします!

NEXT»繁忙期のお部屋探しで注意する事

»お部屋探しのお問い合わせはこちら!

»来店して相談したい方はこちら!

あさがお不動産株式会社
東京都豊島区池袋本町1-36-6
TEL03-6914-3783

担当:中島

北池袋駅から徒歩1分!東武東上線・三田線の賃貸・売買・建物管理のことならお任せください!

豊富な情報力と経験によって、皆様のお部屋探しを強力にサポートいたします!

オーナー様も大募集しております!地元・北池袋を盛り上げましょう!